書道は楽しく苦しい

かれこれ30年以上、こうして書道で遊んでおります。

今は少し減って、展覧会は年に4回ほどの出品です。

やはり、展覧会となると力を入れ、見てもらいたい!と

頑張ります。

それはとても苦しく、そして楽しい作業となります。

何を書くか、やはり、心がついていくもののほうが書きやすいです。

私は、日本の詩や句のほうが心はついていきますが、作品として

書くには漢文の漢字のほうがおもしろいです。

形、線、勢い、空白、そんなものの組み合わせで、楽しい、面白い

作品が出来上がるのですが、それは楽しく、苦しいです( 一一)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。